3月21日 本日の相場

おはようございます。

昨日はNY原油先物が安値更新したことにより、各通貨はリスク回避で売られました。

中国の低調な貿易、輸出の影響もあり、政界経済の懸念も背景となっています。

FOMC前ですが、注意しておかなければいけませんね。

世界的なインフレ見通しは弱く、来年以降の米利上げの可能性も出てきているとの見解もあります。

 

ドル円です。

ドル円30分足

ドル円30分足

30分足です。

一目の雲を下抜け、下落しています。

マルで囲んだ安値123.04円を割ったところで売り、122.80円で利食いました。

122.71円まで下落しています。

ここから上値抵抗は123円、123.10円前後となります。

122.71円を割ってくると122.55円付近まで下落の可能性があります。

 

ユーロ円です。

ユーロ円30分足

ユーロ円30分足

30分足です。

7日の安値133.29円を割ることなく、下値を切り上げてきています。

7日の高値134.11円からの上値抵抗線を抜けてきていますので、マルで囲んだ高値133.99円を抜いてくると買いの予定です。

下値抵抗は133.75円、133.55円前後となります。

 

ポンド円です。

ポンド円1時間足

ポンド円1時間足

1時間足です。

ポンド円も下落しています。

7日の高値を更新することなく、MAも割ってきています。

マルで囲んだ安値184.60円を割ったところで売り、184.20円で利食いました。

183.73円まで下落していますが、ここを割ってくると180円台まで下落の恐れもあります。

 

今日は中国の経済指標発表がありますので、気をつけましょう。

ではがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です